全てにこだわりを持っているからこそ、他と違うものが作れます

TPOに合わせたワイシャツスタイルなど着こなし方やコーディーネートなどご紹介しております。

メインメニュー

  • 格好良さの秘密は?
  • こだわりシャツはこうやってできる
  • 初めての方へ

サブメニュー

  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

ワイシャツ屋の豆知識

  • サイズの測り方
  • シャツの手入れ方法
  • 印象を変えるシャツの違い
  • 着こなしポイント
2017年2月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
2017年3月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

着こなしポイント

“できるビジネスマン”に見えるか否かはスーツのVゾーンの印象がとても大切なポイント!
白のワイシャツならどんなネクタイでもマッチしますが毎日、無地の白ワイシャツばかりではつまらいですよね。ほんの一例ですが着こなしの参考になれば幸いです。


ワイシャツとタイの合わせ方がチグハグだったり、流行を一切無視していたらそれはちょっと“イタい”と思われるかもしれません・・・そこでちょっと柄合わせのコツを伝授させていただきますのでよかったら参考にしてみて下さい。

オシャレなドットとシャープなストライプ柄を合わせるときは、お互いが主張し合わないようにしましょう。ドット柄はそれだけで十分華やかなので、ワイシャツは遠目で無地に見えるような光沢のある生地のストライプシャツを選ぶのも良いかとおもいます。

ストライプの間隔が狭いワイシャツには、間隔の広いタイを合わせるのがポイントです。ストライプ同士のタイとワイシャツを、組み合わせる場合は、ピッチにメリハリを付けることが大切です。ピッチを揃えないことで、スマートに見えます。

白ワイシャツだと、あまりにもオーソドックスになりすぎるのでカジュアルなチェックのワイシャツがおすすめです。白地のおさえめなチェック柄が背景をつくることで無地の白ワイシャツよりもペイズリーのクラシック味が中和されより洗練された印象になります。

今や夏の定番となりつつあるクールビズ。節電になるし良い風潮ではありますが、営業職や接客業など、大切なお客さまに会うビジネスマンはあまりカジュアルにもできませんよね。
クールビズの基本はなんといってもノーネクタイですが、清潔感と上品さはおさえておきたい所です。 そこで、ネクタイなしでも清潔感がありパリっと見えるワイシャツをご紹介します。

ボタンダウンはご存じの方も大勢いらっしゃると思いますが、スナップダウンも衿の裏側でスナップで留めるようになっています。これらは衿先がはねないようにボタンで留めるため第1ボタンをはずしても襟が広がらずノーネクタイでも清潔感のある印象に。

別名をホリゾンタルカラーとも言われています。衿の角度が大きく 水平線のように開いたデザインになっているので第1ボタンを、外してもとてもきれいに決まります。クールビズが取り入れられてきた昨今、徐々に人気が高まってきているワイシャツです。

衿とカフスが白く、選ぶ色によって夏らしい爽快感と清潔感を演出することができます。ノーネクタイで着ても、白い衿がポイントとなるので襟元をスッキリとみせてくれます。正当派で品よくまとめたい方にはこのタイプのワイシャツがおすすめです。

デュエボットーニとはイタリア語で二つボタンという意味で台衿にボタンが二つ付いているワイシャツのことです。普通のワイシャツより少し衿高になっているので第1・第2ボタンをはずしても襟元がエレガントなラインを作ります。とても洗練された印象に。

クールビズのため、どちらのオフィスも設定温度は、高めのようで少し暑い!少しでも快適に過ごせないかといろいろ工夫をされているのでは!?ワイシャツも少しでも涼しいものがいいですね。

夏に向くワイシャツ素材としては『麻』がもっとも通気性・吸湿性がよく肌ざわりもサラリとしていて涼しげな感触です。しかーしっ!! 麻のワイシャツはお値段も高め。そしてシワになりやすいのです。普段のお手入れには十分な注意が必要です。お洗濯後はシワと繊維の毛羽立ちなどが気になるところです。扱いが少々面倒かもしれません。

扱いがもう少し楽なもので少しでも涼しいというとやはり『綿100%』のワイシャツです。肌触りも良く通気性もとても良いです。お洗濯後はやはりシワが残るのでアイロン掛けが必要ですが、干し方など注意していただければアイロン掛けもスムーズです。形態安定の『綿100%』のワイシャツをお選びになるのもひとつかと。お手入れはラクだと思います。

扱いがラクなのは、ポリエステル素材のワイシャツです。シワになりにくく、型くずれしにくいのが特徴ですがやはり吸湿性・通気性は、劣ります。お手入れは、一番簡単なのですが・・・
夏には、一番暑く感じる素材かも!!

ORICON STYLEさんがアンケート調査した結果がありました。
『女性に聞いた、男性のワイシャツでグッとくる色』ランキング!
やはり堂々の1位は白ワイシャツ!モテ理由はなんといっても清潔感!「見慣れてるけど、爽やかさにドキドキする」だそうです。
確かに白ワイシャツを、腕まくりして颯爽と仕事をこなす姿なんかみると「仕事ができるんだなぁ~」と好感度が上がりますよね。

2位の水色こちらのワイシャツは世代が上がるごとに支持率も上がるそうです。「顔に品格が出る」、「若々しくて、爽やかだから」だそうです。白ワイシャツとは、また違う上品さやフレッシュさが好感度を高めるようです。

さて3位のピンクですが「男性でピンクのワイシャツというギャップがいい!」のだそうです。意外性の他に着ている男性も少ないので、それだけに似合えばとてもオシャレ度が高いと高評価されます。
ピンク系のワイシャツは男性と女性では好みが明らかに違いますね。
大切な会議や商談には白いワイシャツでピシッ!とキメて仲間内の飲み会や彼女とのデートなどはピンク系のワイシャツにするなど使い分けると良いのかもしれません。
当店でも圧倒的に白ワイシャツやブルー系のワイシャツに支持がありますが女子部にはピンク系のワイシャツの好感度が高いです。
だってピンクのワイシャツってやっぱりオシャレですから!

欧米ではプレゼン時の王道スタイルです。いわゆる“パワーVゾーン”です。
誠実な印象のネイビーと爽やかさを演出するブルーのワイシャツ。
そして仕上げは、力強さをアピールするエンジ色のネクタイで決まりです!
アメリカの大統領候補が聴衆を前に演説している時などによく見かけますよね。
さすがに未来の大統領といえども政策だけではアカンのです。見た目の印象も重要
ということで国民に対していかにより良い印象を残すかも大切な要素です。

ちなみに、ブルーのワイシャツですが濃い色のブルーワイシャツは少し時代遅れの印象・・
今どきは少し薄めのブルーのワイシャツが好印象のようです。

初対面の相手が大事な商談相手だったり、
彼女のお父さんだったり・・・やはりここは白ワイシャツでしょう!
相手の人柄がまだわからないうちは、白いワイシャツですっきり清潔感とまじめな印象をアピールすることが大事です。
ここで選ぶネクタイは、あまり尖った印象の図柄やシャープなストライプ柄より温和な印象のチェック柄などいかがでしょうか。
誠実で親しみのもてるイメージが大事です。

ビジネスなどで相手の方から軽く見られたくない時は
チャコールグレイのスーツがおすすめ。
落ち着いた印象を与えるため安心感につながります。
とにかく相手の人柄がわからないうちは控えめに徹するほうが無難です。
ネイビーやチャコールグレイのスーツに白ワイシャツのコーディネイトで基本を押さえると、好印象を与えること間違いなしです。

メールでのお問合わせはこちら