全てにこだわりを持っているからこそ、他と違うものが作れます

ワイシャツのデザインで見た目の印象は変わります。こちらでは、生地や襟型の種類を紹介しております。

メインメニュー

  • 格好良さの秘密は?
  • こだわりシャツはこうやってできる
  • 初めての方へ

サブメニュー

  • お客様の声
  • よくある質問
  • お問い合わせ

ワイシャツ屋の豆知識

  • サイズの測り方
  • シャツの手入れ方法
  • 印象を変えるシャツの違い
  • 着こなしポイント
2017年8月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

※赤字は休業日です

印象を変えるシャツの違い

洗いざらしのラフな風合いがオシャレなオックスフォード生地の
ワイシャツは薄くて通気性が良いので着心地も抜群!
1枚持っていると着回しがきくのでとても人気があります。

このページではオックスフォード生地の中でも種類があるので、
その特徴を紹介します。ぜひワイシャツ選びの参考にしてください!

ワイシャツに使われるオックスフォード生地の分類

オックスフォード生地の特徴
織り方 タテ・ヨコ共に綿の糸を2本ずつ引き揃えで織った平織りのもので、 斜子(ななこ)織りという。一般的に40番単糸の糸が使われます。
見た目 比較的厚地で光沢があり、織目がはっきりしています。
肌触り シワも付きにくく、ソフトで通気性があり丈夫。 ワイシャツとしては少しゴワゴワしている感覚。
用途例 特にボタンダウンシャツや、スポーツウェアなどにもよく用いられます。
ピンポイントオックスフォード生地の特徴
80番手の糸をより合わせた双糸で織られたシルキータッチのオックスフォード生地のこと。 40番手の生地とは全く違った肌触りで、適度な肉感があり通年素材として人気があります。 ピンポイントオックスフォードらしい生地とらしくない生地があり、見分けることは困難かも。
ロイヤルオックスフォード生地の特徴
さらに細い(タテ・ヨコ共100番手程度)のものをロイヤルオックスフォードと呼びます。 かなりドレッシーな雰囲気で、既製品のロイヤルオックスフォードを探すのは容易ではなく、 もしあったとしてもかなり高額なものになります。

当店でロイヤルオックスフォード生地を仕入れる際に、
「メートル単価が高いですが本当に採用されますか?」と聞かれたほど
ですが白の変わり物を探していたので喜んで採用した次第です。
エレガントな生地なので装飾を加えずシンプルなつくりでパリッとしたい
という方もぜひ、糊つけせず着て欲しい自信の1品に仕上がりました。


同じ白いワイシャツでも様々なデザインがあります。特に襟の形によって見た目の雰囲気が大きく変わってきますので、ボタンの付き方などと合わせて、好みの1枚を探す際の参考にしてください!

流行のドゥエボットーニはノーネクタイで着ていただけるため、 首回りサイズに不安があってもお選びいただけます。 オシャレ心を刺激するシャツなので、ぜひ1 枚お試しください。 当店のドゥエボットーニは第1ボタンが斜めに付けられています。

クレリックボタンダウンは衿とカフスが白いBD。 クレリックのかわいさと、ボタンダウンの組み合わせでカジュアル性が高まりオシャレ心をくすぐります。印象に残るワイシャツですので人前に出ることの多い職業の方に特にオススメします。

衿をとめるボタンが半分隠れるデザインで、街でめったに見かけることがありません。おしゃれなのに、着る人を選ばない衿型です。 堅いビジネスでなければ、全く問題なく着ていただけます。 ノーネクタイで着ていただけるため、首周りサイズに不安があっても選んでいただけます。

クレリックは10年前は派手好きな方だけが来ているイメージでしたが今や抵抗感がまったくなくなった印象。当店ではレギュラーカラーに比べ衿先の広がったセミワイドを採用し、ネクタイの映りがよく、コーディネートを楽しんでいただけます。

ビジネスシャツの王道レギュラーカラーを、着心地重視の当店流に仕上げました。高級生地と裁断の良さで、動きやすさと着心地を保証します。ビジネス定番モデルなので、どんなシーンにでも、臆することなく堂々と着ていくことの出来るデザインばかりを集めました。

襟元の開きが大きくイタリアで流行のデザインで、日本でも繊維業界の方やシャツの好きな方に好まれています。ビジネスシャツのカジュアル化が進んでいるため、最近では少し柔らかめの職業の方が着ているシーンも見かけるようになり、トレンドになりつつあります。

人気のショートカラーでアクセントとして中央ボタンが3個連なったワイシャツです。ノーネクタイで着ていただけるため、首周りサイズに不安があっても選んでいただけます。写真のように衿高が低いので、横を向いた時あごに触れにくく、首の動きを妨げません。

スナップダウンは衿先が跳ねることが気になる方が愛用しています。 ボタンダウンと比べると、下の写真のようにスナップダウンは衿の裏側をスナップで留めているため、ボタンが見えません。 見た目もスッキリと襟が収まることが魅力です。 意外に着ている方が多い、見えない隠れた流行商品です。

クールビズの影響から本格的な流行になったボタンダウンは、ノーネクタイで着ていただけるため、首周りサイズに不安があっても安心して選んでいただけます。初めて当店をご利用される方の多くが、ボタンダウンをご注文いただきます。首周りを確認されてから、2 枚目はセミワイドというお客様がもっとも普通の購入パターンです。

メールでのお問合わせはこちら